アスリートのインターネット活用によるスポンサー獲得

      2017/09/28

アスリートはインターネット活用でスポンサーを見つけることができる

アスリートはインターネット活用でスポンサーを見つけることができる

アマチュアアスリート、子供アスリートのスポンサー獲得に有利な時代になっている」にて、アマチュアアスリートと子供アスリートがスポンサー獲得に有利な時代になっているということを書きました。この記事にあるインターネットの活用についてもっと掘り下げて説明をしていきます。

 

アスリートが発信する情報には価値がある

BlogやSNSの普及で誰もが簡単に情報発信ができる時代になりました。誰もが情報発信できるからこそ、発信された情報そのものよりも”誰が”情報発信をしているのかということに価値があります。

例えば、ダイエット食品について、一般の人がダイエットに成功と書くよりもアスリートが減量に利用している書くほうが、信ぴょう性、信頼性がグッとあがります。特にスポーツで使う用品についてはアスリートの発信には大きな価値があります。

有名アスリートのように何十万人、何百万人に伝えることができなくとも、あるスポーツのファン数百人に伝えることの方がスポンサーにとってメリットがあるケースも少なくありません。

 

情報の発信価値を高める努力をする必要がある

アマチュアアスリートにとって、情報発信の価値を高めることはスポンサー獲得への近道の一つです。では、情報発信を高めるとはどういうことでしょうか。

  • 発信した情報を見てくれる人を増やす
  • 発信する情報の精度(文章力等)をあげる

の2点です。発信した情報を見てくれる人を増やすということは、ホームページをいつも見てくれるファンを増やす、SNSの友達、フォロワーを増やすということになります。発信する情報の精度をあげるというのは、読み手を楽しませる、伝えたいことを正しく伝えるということです。さらに詳しくは別の記事で案内します。

 

インターネットでの情報発信を求める企業とは

インターネットでの情報発信力を軸にスポンサー企業を探そうとした場合には、インターネットでの情報発信を求める企業にアプローチすることを考えた方が良いです。では、どのような企業かというと下記のような企業が考えられます。

  • 一般の個人が利用する商品、サービスを扱っている企業(B to C)
  • アスリートのファン層が商品、サービスのコアなターゲットユーザーの場合(特にスポーツ用品やグッズ等)
  • インターネットでサービス展開をしている企業。例えばネットショップやネットサービスを展開している企業
  • 新規店舗、事業。特に店舗の場合には地域の人に広めることができれば価値が高まります
  • Facebookやtwitter等で積極的にPR活動をしている企業(企業のPR活動を手伝うことができます)

 

 - アスリートのインターネット活用