憧れのTOPアスリートと「1対1」でビデオチャット。一生忘れられない感動体験ができるサービス開始!

憧れのTOPアスリートと「1対1」でビデオチャット。一生忘れられない感動体験ができるサービス開始!

株式会社Revive (本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:前田眞郷)は、各競技の日本代表や五輪メダリストなどのトップアスリートと「1対1」でビデオチャットが出来るサービス『vibes.』を、2019年1月にリリースします。
第一弾はサッカー日本代表の杉本健勇選手と小林祐希選手。(各選手月5人限定、応募方法は本文最後に記載)参画アスリートは現段階で約20名。本リリース後、順次発表。
尚、『vibes.』の売上の80%は2020年の東京五輪を目指すマイナー競技の選手に還元されます。「ユーザ、アスリート、vibes.」が三位一体となり東京五輪を盛り上げましょう!

『vibes.』のサービス内容

『vibes.』は、憧れの選手との「1対1」のビデオチャットを通じ、より多くのファンの方々の人生が豊かになるキッカケを提供します。

アスリートが培ってきた人生経験や思考は、とても価値がある「財産」です。
時代の流れが早く、多様な価値観、生き方が目に見えてきた現代社会において、数多くの成功、失敗体験、大きな苦悩や葛藤を乗り越えてきた選手の「コトバ」は、人生に対する悩みや不安を抱えるファンの方々に大きなパワーを与えられると信じています。なので、悩んでいることや聞いてみたいことを思いっきり打ち明けて下さい。

また、ビデオチャットを利用した方だけが参加出来る少人数限定のコミュニティ(初月無料、以降月額制)では、ここでしか味わえないオリジナルのファンサービスが受けられ、憧れの選手とオンライン/オフラインを通じ、直接交流出来るコンテンツが盛り沢山。(詳細はサービスリリース時に選手ページにて発表)

(以下、例)
・選手との食事会
・選手からの試合招待やサイン入りユニフォーム、スパイクのプレゼント(不定期抽選)
・メンバー限定LIVE配信
・選手とのチャット   etc

今までに無い感動体験を生み出し続け、ファンの皆さん、選手と一緒に成長していけるサービスであり続けます。

『vibes.』が解決したい課題

これまでトップアスリート達は、TV、雑誌、新聞、webニュースなどの媒体に取り上げられる事により、世間に認知されてきました。

しかし、多くの人に認知して貰える反面、伝えたい想いと異なる発信が行われたり、五輪やW杯など、大きな大会の話題が消え去ると同時に、世間の目に触れる機会が減少するというサイクルが続き、選手の人間的魅力が伝わりきらないまま競技生活を終えてしまう事が大きな課題でした。

近年は各SNS(Instagram、twitter、blogなど)で自分の価値を自分で発信出来る時代になり、多くのアスリートが「当たり前」の様に活用していますが、SNSも「1対 大多数」のメディアにすぎない為、各選手の人間的魅力が本当の意味で届きません。

これからの時代は「熱量高く応援してくれる人の数が多い」個人、又は企業が資本家になると考えています。

ファンの方々とアスリートが深く交流できる場を整え、お互いの人間性に触れ合える機会を提供する事で、選手が大きな影響力を持つ現役中から、より多くのファンの皆さんと「一生応援し合える深い関係」を築けるようサポートし、ファンの方々とアスリートそれぞれの人生が豊かになる様な文化をスポーツ界に定着させます。


『vibes.』の誕生背景、創業者のメッセージ

Revive Inc. 代表の前田です。

『vibes.』というサービスは、僕の強烈な原体験がベースになっています。

「ありのままの自分で生きる。」誰しもがそうありたいと思うでしょう。
でも実際は中々難しく、僕自身周りの目を気にして心と体が消耗し、人生に希望を見出せない苦しい時期がありました。

そんな僕の人生に「希望」を与えてくれたのが、本田圭佑さんと、大親友でもある杉本健勇という2人のトップアスリートでした。

本田さんと直接言葉を交えられた事、健勇と多くの時間を一緒に過ごし、沢山の刺激を受けた事がキッカケで、僕は自分の信じる道を突き進む事が出来ています。

そんな自分が幸せ者だと思う一方で、ふと疑問が湧いてきました。
「実際、彼等の本当の価値ってどれだけの人に届いているのだろう?」

過去の偉人たちが沢山の名言を残して来たように、アスリートである彼等もSNS、メディア、本、など様々な媒体を通じて情報を発信しています。

物凄く素敵な事、大事な事を発信しているのは間違いないのですが、大多数に向けての発信では「熱量」が伝わらないし、人はそれを「見る」だけで日々の行動が変わる程単純な生き物ではありません。

実際、僕も世の中で活躍している人達の言葉を見聞きしては、「あの人だから言えるんだ」とか「綺麗事でしょ」と思っていました。

でも、「ホンモノ」に触れると心が突き動かされます。
目にしてる情報とは比べものにならない熱量、肌で感じないと味わえない魅力。
彼等のお陰で人生の可能性が大きく広がりました。

また、僕は現役のアメリカンフットボール選手でもあり、周りのアスリート仲間は各競技の第一線で活躍しているトップアスリートばかりで、いつも沢山の刺激をもらっています。

だからこそ、人の人生を動かせる程のパワーを持っているアスリート仲間の価値をもっと多くの人に届けたい!
僕と同じ様に、より多くの人が豊かな人生を歩むキッカケを創り出したい!

そんな思いでこのサービスを作りました。

協力してくれている選手は、その思いに本気で共感してくれている仲間達ばかりです。
生き様は十人十色ですが、全員が共通しているのは「自分の信じた道を突き進んでいる事」。

彼等が厳しい世界で生き抜いてきた経験は、スポーツという枠だけでは収まりきらない物凄く価値のあるものです。

「あなた」の夢や、抱えている悩み、不安などに対し、選手一人一人が真剣に向き合ってくれる事、日頃のファンサービスでは味わえない感動体験を生み出す事を、絶対に約束します。

『vibes.』が目指す世界

僕達は「ファンの方々の人生に希望をもたらす感動体験」を生み出し、その感動対価で「大きな挑戦を志す人を応援する世界」を創り上げます。

具体的には、『vibes.』の売上の80%を2020年の東京五輪に出場が期待されるマイナーアスリートに活動資金として還元し、競技環境を整えて頂くと同時に、参画アスリートのSNSを通じて存在を認知して貰う取り組みなどを通じ、より良い環境で東京五輪を迎えられるサポートをしていきます。

これは、代表の前田が大学生当時、アメリカンフットボールの本場であるアメリカの強豪大学で、日本人として初めてプレーするチャンスが目の前にありながら、金銭面や周辺情報不足によって挑戦を断念せざるを得なかった悔しい経験が元となっています。

「大きな挑戦を志す人を応援する世界」を、一人で創り上げる事は難しいですが、
『ファンの皆さん、参画アスリート、vibes.』が三位一体になる事で、より多くの人の想いが循環し、大きなパワーを生み出せると信じています。

将来的にはスポーツに限らず、様々な分野において、より良い世界を生み出す何か(テクノロジー、アート、etc)に「お金、人、情報」を循環し、本気で世界を変えに行きます。

出典:PR TIMES

アスリート×ファン×サポーター・スポンサーが一体となるサービスが続々登場!オリジナルグッツ販売で活動資金捻出!

vibesのようなアスリート・ファン・サポーター・スポンサーが三位一体となるサービスによって、結果としてアスリートに活動資金を還元するサービスがたくさん出てきてますね。

アスカツとパートナーシップ結んでいるGet Support Projectさんでもアスリートのオリジナルグッツを作ることによって、アスリートのファンが購入した売上の一部をアスリートに還元するサービスを行っております。

実際に、アスカツ編集部のバスケットボール3×3の根岸夢アスカツの編集長でウルトラマラソンランナーの吉沢のオリジナルグッツの販売を行っております。

 

根岸夢

 

吉沢協平

そして、続々Find-FCアスリートのグッツ制作の打合せをしており、アスリートのインタビュー記事記事でおなじみのアスリートライターの本庄遥のデザイン打合せも現在おこなっております。

気になったアスリートさんは是非Find-FCにエントリーをご検討をお願いします。

アスリート登録申込み

アスカツニュースカテゴリの最新記事