2020年の舞台に立つために。3人制バスケ・根岸夢が見据える東京五輪(後編)

2020年の舞台に立つために。3人制バスケ・根岸夢が見据える東京五輪(後編)

2020年に開催される東京オリンピックから正式種目となる3人制バスケットボール「3×3(スリー・バイ・スリー)」で、今年4月に全国大会優勝を果たした根岸夢選手前回は競技を通じて感じている魅力や、5人制バスケットボールとの違いについて語りました。今回は目指す東京オリンピックへの出場に向け、現在の取り組みや課題、意気込みなどを伺います。

チーム全体で練習できる機会はとても少ない

  バスケットボールのようなチームスポーツでは、やはりメンバー間の連携がとても大きなポイントとなります。各個人がスキルを磨くことはもちろん、試合形式などメンバー全員での合同練習も重要となるでしょう。しかし実際のところ、日々の練習でチームメンバーが揃うことは、とても少ないそうです。

「練習は基本的に各自で行っています。大学に行ったり、実業団の練習に参加したり、あるいはジムへ行ったり。全員が集まる機会は、あまり多くありません。スケジュール調整はもちろん、体育館で練習しようとしても、なかなか空いていないんです。私も、よく他チームなどに混ぜてもらって練習しています」

「3×3」は屋外でプレイするため、暑さに負けないよう取り組んでいるとのこと。長袖長ズボンで走ることもあるそうです。さらに、根岸選手は自分なりのトレーニングをいくつか行っています。

「感覚が鈍らないよう、とにかくシュートは打つ機会を多く持っています。また、5人制バスケットボールより相手とぶつかることが多いため、フィジカルの強さも欠かせません。他チームとゲームなどの実践トレーニングを行うことも大切な機会です。チームメンバーと練習できる機会が少ないからこそ、その際に高いパフォーマンスが発揮できるよう、日々取り組んでいます」

ちなみに根岸選手は2018年9月から1年間、ニュージーランドへ留学とのこと。もともとは語学留学での予定でしたが、留学先でも「3×3」の練習に取り組みたいと仰っていました。しかもニュージーランドは、なんとアジア大会の優勝国。夏場は「3×3」、冬場はバスケットボールに取り組み、語学だけでなく競技スキルも身につけてきたいと意欲的です。

オリンピック代表を目指すには、とにかく結果を残すだけ

  現在の目標は、やはり2年後に開催される東京オリンピックという舞台。「3×3」は、現時点でまだ代表選手が決定していません。「どうすれば東京オリンピックに出られるのか」について、根岸選手自身も分からないそうです。

「大きな試合としては、7月末からプレミアリーグが開催されます。しかしこの試合で優勝したからといって、代表に選ばれるとは限りません。3×3はまだ国内で新しく、しかも初めてオリンピックの正式種目になる競技。そのため、代表選考について明確な基準がないんです。もしかしたら現在3×3でプレイしていなくとも、5人制バスケットボールの選手から代表が選ばれるかもしれない。私自身、何をすればいいのか、どの大会でどんな結果を残せばいいのか分かっていないんですよ。だから今やるべきことは、とにかくプレミアリーグで結果を残すこと。そして、できる限りの努力を重ねていくしかありません」

代表選考の基準が分からないというのは、選手にとってもどかしい気持ちが拭えないでしょう。だからこそ全力を尽くし、あとは結果を待つしかありません。そうなれば強みを伸ばすと共に、弱みを自覚したうえで補うことも大切なはず。根岸選手は、自身の改善すべき弱みについて、次のように話してくれました。

「もっとも大きな課題は、モチベーションを作ることですね。私は“自分のために”という気持ちがいまいち持てません。親が見に来てよろこんでくれるなど、周囲にモチベーションを生み出すタイプなんです。周囲は応援してくれているし、今のところ大丈夫ですけどね(笑)あとは、もちろん判断力を磨くこと。シューティングガードという私のポジションでは、試合の流れを読み、誰を活かすかなどを瞬時に考えて判断することが重要です。これは5人制バスケットボールにはないものなので、まだまだ磨き続けなければいけません。あとは、とにかく自分に自信を持てるようになることですね」

自分自身と向き合い、東京オリンピックという目標に向けてひたむきに取り組まれている根岸選手。自分より周囲のよろこびがモチベーションになるという言葉は、彼女らしさを感じる印象的なものでした。まもなく旅立つニュージーランド留学を経て、1年後、どのようなプレイを見せてくれるのか。その取り組みに、ぜひご注目ください。

[プロフィール]
根岸夢(ねぎし・ゆめ)
1993年生まれ、群馬県出身。両親の影響で小学1年生からバスケットボールを始め、大学4年生まで体育会で競技に取り組む。卒業後は一般企業に就職し、バスケットボールはサークルにて活動。先輩からの誘いで2018年3月より「3×3」チームの湘南サンズに所属。2018年4月には全国大会優勝を果たし、現在は東京五輪出場を目指して活動している。

[筆者プロフィール]
三河賢文(みかわ・まさふみ)
“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を実施。自身もマラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、学生時代の競技経験を活かし、中学校の陸上部で技術指導も担う。またトレーニングサービス『WILD MOVE』を主宰し、子ども向けの運動教室、ランナー向けのパーソナルトレーニングなども行っている。3児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表。
【HP】http://www.run-writer.com

出典:

ピックアップアスリートカテゴリの最新記事