Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

【ロープスキッピング】IJRU Virtual World Championships(世界大会)で柴田恵理選手ら日本代表がダブルダッチシングルフリースタイルで念願の優勝!

【ロープスキッピング】IJRU Virtual World Championships(世界大会)で柴田恵理選手ら日本代表がダブルダッチシングルフリースタイルで念願の優勝!

現在、ロープスキッピング(縄跳び)界では、最も大きな世界大会であるIJRU(International Jump Rope Union)Virtual World Championshipsのおいて、映像審査の結果、柴田恵理選手らが日本代表として各種目で入賞を果たした。

ロープスキッピングとは?

「なわとび」は、昔から子供達の遊びやスポーツ選手のトレーニング手段として、各国で行われてきましたが、その遊び方や呼び名は各国によって異なってました。

そんな中、1996年にFISAC-IRSF(国際ロープスキッピング連盟)が創設され、スポーツとしてのなわとびを普及・発展させるために、名称とルールを定めそれが、「ロープスキッピング」です。現在は、2年ごとに世界選手権大会が開催されている。

縄を跳んでいれば、すべてロープスキッピング(なわとび)であり、一人で跳ぶ単縄跳びだけでなく、ダブルダッチ、大縄跳び、二人で二本の縄を跳ぶチャイニーズホイールなどはすべてロープスキッピングの一種になります。

IJRU WORLD CHAMPIONSHIPS 2021について

全世界のシングルロープ、ダブルダッチの中でも最大級の世界大会 IJRU WORLDCHAMPIONSHIPS 2021 は各国のトップ選手・チームによるハイレベルな戦いが繰り広げられる。

日本ジャンプロープ連合(JJRU)が主催する「IJRU ALL JAPAN 2021」の本戦を勝ち抜いた選手・チームが日本代表として、IJRU WORLD CHAMPIONSHIPS 2021に出場する。

注目の柴田恵理選手ら日本代表チームが部門優勝!

IJRU WORLDCHAMPIONSHIPS 2021には、以前アスカツでもインタビュー取材させて頂いた柴田恵理選手らが日本代表として出場。

世界を舞台に活躍するロープスキッピングの大学生アスリート・柴田恵理選手にインタビューしました!

シニア女子部門において、ダブルダッチスピードリレーが3位、ダブルダッチシングルフリースタイルでは見事に優勝を飾った。

ダブルダッチスピードリレー 3位

ダブルダッチスピードリレーは、4人1組で45秒ずつを跳びリレーします。跳ぶ・回す順番に決まりがあるので注意します。「スイッチ!」の掛け声で次の人がスタートします。競技中は跳ばない人もエリア内にいなければいけません。

ダブルダッチシングルフリースタイル 優勝

ダブルダッチシングルフリースタイルは、1分間でチーム独自の演技を行ないます。チームワークと高度なテクニック、オリジナリティが高得点につながります。演技中にジャンパーとターナーが交代できます。

柴田恵理選手のコメント

シニア女子部門にて、ダブルダッチスピードリレーが3位、ダブルダッチシングルフリースタイルが1位に入賞することが出来ました!
ロープ界では今1番大きい大会で念願の1位を獲得することが出来ました…!応援ありがとうございました!

柴田恵理選手を応援しよう!

Find-FCでは、柴田恵理選手を応援していただけるスポンサー様、サポーター、ファンの方を募集しています。

柴田恵理選手へのご支援はこちら 柴田恵理選手のオリジナルTシャツご購入はこちら

 

★Find-FCの仲間になろう★

CTA-IMAGE プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

アスカツニュースカテゴリの最新記事