アスリートのインターネットによる情報発信の理想の状態

      2017/09/28

アスリートのインターネットによる情報発信の理想の状態

アスリートのインターネットによる情報発信の理想の状態

アスリートがインターネットで情報発信をしていく方法はいくつかあります。できるできないは別にして、まずは理想の状態を知ってください。そのうえで、投下できるリソースや効果を考えて取捨選択をしていきましょう。なお、ここで紹介する理想の状態はアスリートに限らず小規模な事業者でも有効な形となります。

また、今回紹介する内容はインターネットに詳しくない人にとっては、読む気が無くなるかもしれませんが、ざっと目を通してください。具体的な方法については、別の記事で丁寧に説明をしていきますのでご安心ください。

 

スポンサーの商品・サービスをPRできる環境と信頼される環境を作る

インターネットで情報発信する環境を作るというのはどういうことかというと、まずはスポンサーの商品・サービスをPRできる環境を作るということです。プロスポーツ選手や有名アスリートに負けてしまう露出する力をインターネットで補うということです。スポーツ選手にとって苦手なことは承知していますが、ここは努力の必要な点です。

もう一つは、スポンサーに信頼される状況を作るということです。インターネットで検索をしてお店を探しているときにホームページがいまいちだとそのお店を候補から外した経験はないでしょうか?スポンサー探しとはあなたを売り込むことだと「スポンサーを獲得できるアスリートの資格とは」で説明をしました。お金を出してもらうには、お金を出しても良いと思われる環境を作ることも大事です。

 

最終的に人に見てもらいたいのは独自ドメインによるホームページ

SNSやBlog等、情報発信をする方法はいくつかありますが、最終的に一番見てもらいたいのは独自ドメインによるホームページです。独自ドメインというのは、ホームページのURLがあなた自身のものということです。

例えば、http://athkatsu.com/ の場合、赤文字の部分です。例えば、アメブロなど無料サービスの場合 http://ameblo.jp/athkatsu/ となります。athkatsu の部分は自分で設定できますが、ameblo.jp は固定されています。

独自ドメインのホームページには信頼性と信用があります。特にスポンサー獲得を考えている場合には独自ドメインのホームページの方がよいでしょう。作り方は別途お伝えしますので、今の時点では独自ドメインが有利とだけ覚えておいてください。

 

FacebookやtwitterなどのSNSやアメブロからのホームページへの集客

では、独自ドメインのホームページにどうやって人に来てもらうかと言うと、大きく2つの方法があり、一つは、FacebookやtwitterなどのSNSやアメブロなどからホームページに来てもらいます。

アメブロってホームページじゃないのかという疑問を持たれる方がいると思いますが、厳密には違うと考えてください。

 

ヤフーやグーグルで検索してもらってホームページに来てもらう

SNS以外の集客の方法として、ヤフーやグーグルで検索をしてホームページに来てもらう方法があります。検索エンジンからたくさんの人が来てもらうようにする方法として専門的にはSEO対策と言います。

 

いきなり全ては難しいので、少しずつ始める

いきなりあれもこれもやることは非常に難しいと思いますので、少しずつ始めていきましょう。スポンサー獲得を考えた場合、難易度なども考えますと、Facebook → 独自ドメインホームページ の2つだけでもできれば相当に意味があります。最初にアメブロなどをしがちですが、労力の割に報われないので同じ労力をかけるのでれば、独自ドメインのホームページが価値があります。

 - アスリートのインターネット活用