大好きなセパタクローを広めたい〜怪我後コーチ兼選手の二刀流で活躍する玉置 大嗣さん〜

大好きなセパタクローを広めたい〜怪我後コーチ兼選手の二刀流で活躍する玉置 大嗣さん〜

アクロバティックな試合が行われることで現在注目を浴び始めている「セパタクロー」。
今回は、このセパタクローの普及、そして選手兼コーチの二刀流で日本代表選手復帰を目指す玉置 大嗣さんに取材しました!

自己紹介

ーーー玉置 大嗣さん今日はよろしくお願いします!
玉置さん:よろしくお願いします!

ーーーでは早速自己紹介の方からお願いします。
玉置さん:はい!セパタクロー選手をしている玉置 大嗣と申します。現在は選手兼コーチとしてセパタクローに携わっています。

セパタクローを始めたきっかけ

ーーーセパタクローを始めたのはいつからでしょうか?
玉置さん:セパタクローを始めたのは大学一年生からでした。大学三年生の秋頃から日本代表入りをしました。しかし、大学卒業後の冬に前十字靭帯断裂をしてしまって日本代表選手からも当然名前を消すことになりました。

 

ーーー靭帯の怪我となるとかなり大きな怪我になりますね…その後からはどのような形で復帰されたのですか?
玉置さん:そこからリハビリを重ねて少しずつ治ってきて、一年前ほどには完全復帰をしています。怪我をしてから少し経ったときに、自身が所属するSC TOKYOというチームから下部組織として、僕が横浜に小学生のセパタクロークラブチームを作りました。

 

セパタクローってどんな競技?

ーーーセパタクローと聞くと、なんとなくイメージが付く方と付かない方に結構はっきり分かれそうだなと感じているのですが、簡単にルールを教えていただけますか?
玉置さん:セパタクローという競技は一言で言うと足で行うバレーボールのような競技です。空中での格闘技とも呼ばれていてかなり激しいスポーツでもあります。アタックで言うとサッカーのオーバーヘッドキックのような動作が常に行われるので、かなりアクロバティックな競技です。ルールとしては21点マッチで2セット取った方が勝ちという至ってシンプルなものですが、試合自体はかなり見応えがある競技ですよ。

セパタクローはここが魅力だ。
ーーーセパタクローの魅力について教えてください!
玉置さん:セパタクローの1番の魅力は繊細なプレーとアクロバティックなプレーがあることです。また、コミュニケーションは他のどのスポーツよりも取る必要があるスポーツだと思っています。競技は3対3、2対2、4対4がありますが、例えば3対3の競技ではコート内の2人がプレーしているときに残りのもう1人の選手が2人に対して声かけをしたり、コミュニケーションをとる事がとても大切で、強いチームはそこがしっかりしているチームが多いです。激しいスポーツではありますが、メンタルスポーツとも言われていて観客側で見ている人もそれが伝わるほど繊細な競技となっています。これがセパタクローの魅力ですね。

 

困難を乗り越えた経験

ーーー冒頭で前十字靭帯断裂というかなり大きな怪我をしたことをお聞きしましたが、そこからの復帰までの道のりでくじけそうになったりすることはありませんでしたか?
玉置さん:怪我をした当時は、セパタクローができない期間が悔しくて、横浜にクラブチームを作って、普及と育成を始めました。しかし、自分が競技復帰してからは、「選手としてもっと頑張るべきだ」「中途半端だ」とよく言われました。今でもまだ言われますが、その時も常に自分のやりたいことを信じてセパタクローを盛り上げるためにどうすべきかと考えて一年間行動した結果、自分のやり方を認めてもらったり周りにいた人たちの見る目も変わりました。結果的には怪我をして人間的にも成長できたと感じているので、いい転機だったと思います!

今後の目標

ーーー最後に今後の目標について教えてください。
玉置さん:将来的には、サッカーなどのようにセパタクローでもクラブチームに下部組織があったり、普及と育成が当たり前のように行われている環境作りをサポートしたいと考えています。個人的な目標としては、8年後の日本で行われるアジア大会で、日本代表として、今の教え子の選手とも同じ土俵で戦いたいと思っています。これからもどんどんセパタクローを広めていけるようにSNS発信やブログ発信などに力を入れて魅力を伝えていき、人口を増やせるように頑張ります。

ーーー玉置さん、本日は貴重なお時間ありがとうございました。
玉置さん:ありがとうございました。

 

アスリートライターが感じた玉置さんの魅力

玉置さんとの取材を通じて感じたことは、「自分を信じる力」の強さ。
玉置さん自身のが成長することと同時にコーチングも行い、最終的には人口を増やしてセパタクロー自体を広めていく…そんな姿を見て初めは周りの人たちから「選手一本でやるべきだ」といったアドバイス等のあったそうです。
しかし、その中でも自分がやりたいこと、どうしていきたいかと向き合い出した結果が並行して選手もコーチングも続けていくこと。
そんな玉置さんの姿を見て応援者もどんどん増えていきました。
自分にしかないオリジナリティを出しながら成長していく玉置さんに今後も目が離せません!

 

玉置さんのことをもっと知りたい方はこちらから

Find-FC

玉置 大嗣(セパタクロー)

公式サイト

ピックアップアスリートカテゴリの最新記事