Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

世界の頂点を目指す!スキージャンプの藤田慎之介選手にインタビュー!

世界の頂点を目指す!スキージャンプの藤田慎之介選手にインタビュー!

こんにちは。
現在、日本代表入りを目標に活動しておりますフィンスイミング選手の世古千紘です。

今回は、世界の頂点を目指しているスキージャンプの藤田慎之介選手にインタビューしました。

藤田慎之介選手の紹介

北海道余市町出身。
高校からは親元を離れ、札幌にある東海大学付属札幌高校に進学。
現在は東海大学国際文化学部地域創造学科に在籍し、勉学に励みながらスキージャンプ選手としてもJOCオリンピック候補選手であり、日本のトップレベルで活躍している。

スキージャンプとは?

スキー競技の一種。
急傾斜の専用ジャンプ台を滑走、踏み切り台から空中へ飛び出し滑空し、その滑空中のフォームの美しさと飛距離を競う競技である。
国内では、男子だとレジェンドと呼ばれている葛西紀明選手や、女子では高梨沙羅選手が有名である。

スキージャンプとの出会い

---スキージャンプを始めたきっかけは?

アルペンスキーをしていた父の影響で、3歳の頃にアルペンスキーを始めました。
小学低学年のときに隣にジャンプ台があるスキー場で開催されたアルペンスキーの余市町町民大会に出場しました。大会後にその隣のジャンプ台を利用してスキージャンプの体験会があり、参加したことがきっかけでした。
とても面白くて、父に『スキージャンプがやりたい!』と言って、翌日すぐにジャンプ台に連れて行ってもらい、父と一緒に練習したのが僕のスキージャンプ人生の始まりです。

 

---選手として活躍しだしたのは?

小学2年生でスキージャンプの少年団に入団しました。
でも、その頃は野球と水泳もやっていて…
中学1年生のときに出場したサマージャンプ北海道シリーズで2位に入賞できたことで、他はやめてスキージャンプ1本でいこうと決意しました。

 

---オリンピックを見据えた時期は?

オリンピックを考え出したのは去年です。
それまでは自分の中でのオリンピックの価値はそこまで高くなかったのです。
船木和喜さんが親戚であり身近にオリンピアンがいたことと、正直ワールドカップでたくさん優勝したほうが4年に1回しかないオリンピックの出場よりも価値があると考えていました。
しかし、去年、JOCオリンピック強化選手に選抜され、東京で行われた研修に参加したことで、考えが変わりました。
オリンピアンの話の中で、オリンピックのメダルに触れさせていただきました。
それがこれまで数多く獲ってきたメダルなどとは比にならないくらい重たかったのです。
銀メダルだったのですが、自分が持っているメダル20個分くらいの重さのように感じました。
金メダルだったらもっと重たいだろうなと思い、オリンピックに出場することが目標の一つとなりました。
でもやはり、ワールドカップで総合優勝したときにもらえるクリスタルトロフィーも絶対に獲りたいと思っています!

現状

---練習はどれくらいの頻度で行われていますか?

月曜日はフリートレーニングなので、それ以外の週6日、1回2~3時間は練習しています。
平日は授業終わりに練習なので、体育館やトレーニング場でウエイトトレーニングなどで基礎トレーニングをし、土日はジャンプ台に行き、ジャンプトレーニングを行います。
平日でも週に1回はナイターでジャンプ台に行くようにしているので、週3回はジャンプトレーニングをしています。

 

---さまざまな大会で優勝されていますが、さらに上を目指していくにあたり、課題と感じていることはございますか?

課題を見つけることが課題です。
ジャンプ自体は日本のトップレベルと同等のところまできているので、フィジカル面以外の技術面やメンタル面においての課題を明確にする必要があると考えています。
それを達成するためには、国内にとどまらず、海外選手と数多く戦うことが必要不可欠です。
自分と海外選手の違いを探し出すことが、今後さらに強くなるために必要だと考えます。
今シーズンはしっかり課題を明確にし、来シーズン以降に繋げていけるようにします。

 

---学業との両立は?

学業との両立はそこまで大変だとは思ったことはないです。
それよりも私生活との両立が大変ですね。
一人暮らしなので、練習が終わって帰ってきてからご飯を準備して食べて、お風呂を入って…としていると遅くなってしまうので、翌日起きるのが大変ですね。

 

---競技特性上、体重管理も大変ですよね?

そうなんです。
スキー板の長さがBMI(Body Mass Index)から算出されるため、体重管理は非常に重要です。
試合中1本目を飛んだあとなどに抜き打ちで体重検査があり、それで基準よりも100gでも少なければ失格となってしまいます。
前回の世界ジュニア選手権では200g足りずに失格となってしまいました。
そういうこともあり、試合期間中は体重が落ちすぎてしまわないように、特に量を食べるように心掛けています。
しかし、それ以外のときはどうしても食べる量が減ってしまい、体重が落ち過ぎてしまうこともあります。
一人暮らしのため、食事管理も自分で行わなければならず、かなり難しいですね。
食事管理も課題かもしれません。

スキージャンプの魅力

---藤田選手が考えるスキージャンプの魅力は何でしょう?

野球やサッカーのようにメジャースポーツではないですが、観に来てくださった方全員を必ず魅了できるスポーツだと思っています。
スキー板と身体だけで時速90kmものスピードで空を飛ぶ姿は迫力があり、それこそがスキージャンプの魅力だと思います。

今後の目標

---今後の目標は?

今年の目標は、第一に世界ジュニア選手権でトップ10入りを果たすこと、第二に国内にいればインカレ優勝、海外だとコンチネンタルカップを転戦し成績を残すこと、そして第三に2020年2月に開催される札幌ワールドカップに出場することです。
来年、再来年は海外を転戦しながら成長し、2022年の北京オリンピック出場やワールドカップ総合優勝に繋げていきたいと考えております!

最後に一言!

海外遠征も多いため、サポートしていただける方、企業様がいらっしゃるとありがたいです。
サポートしていただければ、日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカなど世界各国で宣伝ができることがメリットです。
また、今後はYoutubeなどメディア露出をしていく方向で、僕に関わってくれた方々がスキーだけではなく、スポーツに関わっていきたいと思える世の中にしていきたいと思っています。
スポーツ産業に介入すると言ったら大袈裟かもしれませんが、僕がスポーツの楽しさを伝えることで、スポーツをする、スポーツを観るなど、スポーツとの関わりを持ってくれる方々を一人でも多く増やせるような影響力のある選手になりたいです。
是非、サポートや応援をしていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します!

まとめ

4年先の目標まで明確に立て、それに向かって確実に進まれている藤田選手。
2022年には北京オリンピックに出場し、その後ワールドカップ総合優勝も果たしてくれることでしょう!
私もその姿が見れることを楽しみにしております!
皆さんも一緒に応援しましょう!

藤田慎之介選手を応援したい方はこちら!

 

★Find-FCの仲間になろう★

CTA-IMAGE プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

ピックアップアスリートカテゴリの最新記事