メンタルトレーニングはメンタルを強くするためだけのものじゃない?!〜メンタルトレーナーが語るメンタルトレーニングの重要性〜

メンタルトレーニングはメンタルを強くするためだけのものじゃない?!〜メンタルトレーナーが語るメンタルトレーニングの重要性〜

 

海外のローカルチームでソフトボールをしながら、日本代表選手を目指すアスリートライターの本庄遥(@number_1h)です。→アスリートライターとは?

 

みなさんは、メンタルトレーニングを受けたことはありますか?

 

 

競技スポーツの訓練の中で、意志・意欲・決断力などの精神力を強化するトレーニング。瞑想(めいそう)による精神統一や、故意に困難な状況を設定してのトレーニングなどによって、大事な場面であがってしまうことを防いだり、自信ややる気を高めたりするのに役立つ。メンタルマネージメント。メントレ

byコトバンク

 

コトバンクではこのように記載されており、メンタルトレーニングはスポーツ選手がするものというイメージがまだまだ強いことがわかります。

また、メンタルトレーニングと聞くと、「メンタルが弱い人がメンタルを強くする方法」というイメージが根強くついていて、マイナスのイメージが多いのが現状です。

しかし、最近ではスポーツに限らずメンタルトレーニングに興味を持ち始めている方が非常に多くなってきています。

その理由としては、アドラーの心理学をもとに制作された「嫌われない勇気」をきっかけに心理学に興味を持つ人が多くなったことです。

 

先日行われたたまきん会(Find-FCの玉置さんが行なった、スポーツの問題を解決するための会)では、メンタルトレーナー兼ビーチテニス日本代表として活躍されている中嶋さんがご参加されました。

そのときに、メンタルトレーニングについてお話をお伺いしたところ、スポーツ選手だけではなく、一般の方もメンタルトレーニングをしたほうがいいことを教えてくださいました。

なぜなら、「メンタルトレーニングは、人として自分と向き合うことができるから」だそうです。

自分自身とどう向き合っていくか、なぜ調子が悪いのか、逆に良いのかを自分の中で原因、理由を押さえておくことによって、自己肯定感が高まり自分の軸がぶれなくなります。

スポーツ選手で例えると、それが結果的に良いパフォーマンスを出すことに繋がり、結果が出るようになるということです。

実は『No.1 メンタルトレーニング』という著書の中には、

「北京オリンピックで日本が金メダルをとったときにメンタルトレーニングが関わっていた」

「ハーフパイプの平野歩くんのメンタルトレーニングを受けてパフォーマンスが上がった」

など、トップレベルの人たちが結果を出している1つの理由として、メンタルトレーニングが関わっていることがわかりました。

しかしながら、まだまだメンタルトレーニングの認知は「メンタルが弱い人が受けるもの」とされており、なかなかメンタルトレーニングの認知度は上がっていません。

今回は、どうやったらメンタルトレーニングのイメージアップにつながるか、興味を持つ人を増やすことができるかについて話し合いました。

 

なぜ、メンタルトレーニングの重要性が認知されていないのか

そのそも、なぜメンタルトレーニングの重要性が認知されていないのでしょうか?

それは、基本的にメンタルトレーナーがアスリートにメンタルトレーニングをした情報を黙秘しなければならないからです。

もちろん結果が出ている人はたくさんいるのですが、その中でも公開してもいいという選手はわずか。

それもそのはず、メンタルトレーニングをしている=メンタルが弱い人のイメージが根強い日本で、メンタルトレーニングを受けていることを世間に伝えたいという人は少ないことも考えられます。

 

メンタルトレーニングを受けて、パフォーマンスアップにつなげよう

メンタルトレーナーの中嶋さんご自身もメンタルトレーニングを勉強するまでは気持ちが弱い自分に負けたり、マインドコントロールができないこともあったそうです。

しかし、メンタルトレーニングを勉強していくうちに、自分と向き合えるようになって行き、最終的にビーチテニスの日本代表選手に登りつめました。

 

中嶋さんのように、もともとメンタルが弱いと感じてメンタルトレーニングに出会う方は比較的多いように感じます。

反対に、中学生、高校生まで活躍していたのに、大学、実業団、プロになった瞬間負けが続いてしまったり、いつもならできていたことが急にできなくなってしまってイップスに陥るケースも少なくありません。

そのように、「今までのパフォーマンスが急に出なくなって焦ってしまう」という状況に陥ってしまうと、うまくいっていた自分からのイメージが急に下がるので、「できない自分」を受け入れられなくなることがあります。

 

いろんな悩みを抱える選手たちにメンタルトレーニングを知ってもらうためには、メンタルトレーニングの位置付けを変えていく必要があり、そのためにはまずコーチングを受けてもう機会を設けて、実体験してもらうことが大切だと感じました。

 

中嶋さんは

「アスリート全員、むしろ小学生の義務教育に入れるべきだ」

とおっしゃっていました。

いち人間としてもメンタルトレーニングが必要不可欠なものだと感じました。

 

最後に

Find-FCでは、金銭的なサポートのスポンサーだけでなく、整骨院などのカラダのケアのサポートを受けることができます。

Find-FCに登録して、体のケア、金銭的なサポートを受けられる環境を充実していきませんか?

 

 

アスリートお役立ち情報カテゴリの最新記事