強いチームの秘訣はスポーツ合宿!〜ソフトボール編〜

強いチームの秘訣はスポーツ合宿!〜ソフトボール編〜

今年の日本は、前年と比べてかなり暑い日が続いたようですね。

暑い戦いがどんどん繰り広げられている今、今回は強いチームの秘訣「スポーツ合宿」について紹介して行きたいと思います。

三重県の熊野市ソフトボール場、野球場をご存知ですか?

たくさんのソフトボール場、そして熊野スタジアム(野球場)がある三重県の熊野市。

ここで毎年ソフトボールキャンプやインターハイ前のジャンプアップ、年中ソフトボールや野球のキャンプが行われています。

熊野市でソフトが盛んな理由

なぜここがソフトボールが盛んに行われているのでしょうか?

それは自然に囲まれた環境が関連しています。

グランドから比較的海も近く、体力強化のための「浜ラン」をするためにはとっておきの場所です。

また、少しグランドから離れると坂道があり坂ダッシュ、あるいはグランドから宿舎まで走って帰ったりするなど、グランド以外にも自然に囲まれながらトレーニングを行うことができます。

 

合宿所が豊富

熊野市には熊野少年自然の家をはじめとした、沢山の合宿所があります。

ミーティングがしやすいように、部屋を借りることができたり一つの部屋が大きい場所がほとんどです。

また、スタッフの方々が合宿に来るチームをたくさん経験していることもあり受け入れ態勢も非常に整っています。

氷をいただくことが出来たり、冷やしておきたい物を冷蔵庫に置いてもらったりと融通を聞かせてもらえるところも、合宿慣れをしている熊野市ならではの特権です。

 

その他のオススメな地域

今まで三重県の熊野市のことを中心にお話ししてきました。

その他の地域でもお勧めできる合宿所を紹介していこうと思います。

東北地方

今回オススメするのが、岩崎城運動公園 です。

地方をお勧めできる理由は、比較的使用量が安く使えることです。

高校生以下だと三時間1500円で使用することが出来ます。

インターハイ前などの大きな大会の前に、環境に慣れるためにも移動距離と練習を慣れない環境ですることに慣れておく事は勝利の秘訣とも言えます。

関東地方

関東地方のメリットは何と言っても強豪校が多く、遠征中に他校との練習試合を組みやす事です。

千葉県富津市にはふれあい運動公園があり、そこで合宿を行いながら他チームとの合同練習、試合が組みやすくなっています。

また、時期を合わせていけば県内で実業団の試合を観戦することができ、練習や試合のみならずチーム全体の意識レベル向上、一流選手の研究によってチームに何が足りていないのかも話し合う機会を設けうることもメリットです。

中部地方

中部地方といえば、最も実業団のレベルが高い地方と言っても過言では無いでしょう。

中部地方での合宿は、交渉次第で実業団の方が使っている合宿所を貸してもらうことができます。

一度交渉してみるのもいいかもしれません。

また、実業団との合宿が厳しい場合は大学や高校も強豪校が集まっている地域なので、どんどん交渉してみて合宿所を借りられるかどうかを確かめてみることも良いでしょう。

チームの実力が伴えば、合宿所を安価で借りて強豪校と対戦できることも夢ではありません。

近畿地方

近畿地方も強豪校が集まっている地域と言われています。

中学時代に

「近畿を制するものは全国も制する」

という言葉を聞いた事があるほどです。

近畿地方は一番初めに紹介した三重県熊野市で開催されているジャンプアップ、大阪府で行われているなどインターハイ前、中体連を前に大会を開催しています。

合宿という意味合いも兼ねて、大きな全国大会前の大会に参加して強豪チームと戦うこともレベルアップの鍵です。

中国・四国地方

この地区で一番試合、練習がしやすい場所は何と言っても尾道市御調ソフトボール球場でしょう。

ソフトボール球場が少ない中、ここの球場は広い上、よくソフトボール大会も行われている場所です。

中・高校生に限らず実業団の方にも使われている場所で、実業団を目指している人がいるなら場慣れ経験としてもかなりオススメの場所です。

ここの球場のメリットは、試合ができるコートが多くたくさんチームが呼べることです。

もし自身が合宿をしたいと思っていても、練習場のみと他チームと合同で試合ができる環境があるのとでは大きな差になると思います。

たくさんのチームと対戦したり、観察するためには絶好の場所でしょう。

九州地方

現地では、ソフトボールができる環境が整っていると言われている九州地方の福岡県。

そこにあるのは、雁ノ巣レクリエーションセンターです。

前年インターハイを開催した場所でもあり、知る人ぞ知る場所でもあります。

毎年インターハイが開催される場所は異なりますが、こういった環境が整っている場所はインターハイが近い年で行われる可能性も高いです。

また、九州地方での合宿で鍛えられる事は何と言っても気温でしょう。

他の地方と比べて比較的気温が上がりやすい九州地方で合宿を経験し、試合のための体力づくりをしませんか。

 

アスリートお役立ち情報カテゴリの最新記事