Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

【スポンサー検討中の企業必見】アスリートとのスポンサー契約で企業側が注意すべき点

【スポンサー検討中の企業必見】アスリートとのスポンサー契約で企業側が注意すべき点

アスリートとのスポンサー契約に関する企業側がが注意すべき点を纏めてみました。

アスリートのイメージとマッチすること

アスリートのイメージと企業のイメージがマッチすることが重要です。アスリートが代表するスポーツ、競技、人物などと企業のブランドイメージが合致することで、消費者の共感や信頼を得ることができます。

アスリートのイメージと企業がマッチする具体例は以下の通りです。

ナイキとマイケル・ジョーダン

ナイキはスポーツブランドであり、マイケル・ジョーダンはバスケットボール界のレジェンドです。マイケル・ジョーダンはナイキの広告キャンペーン「Air Jordan」の顔として長年にわたって起用され、ナイキのイメージを高めました。

アディダスとダビド・ベッカム

アディダスはスポーツウェアブランドであり、ダビド・ベッカムはサッカー界のスター選手です。アディダスはダビド・ベッカムとのパートナーシップを通じて、サッカー選手のファン層にアピールしました。

コカ・コーラとオリンピック選手

コカ・コーラは飲料メーカーであり、オリンピック選手は競技の最高峰であるオリンピックに参加するアスリートです。コカ・コーラはオリンピック選手を広告キャンペーンに起用し、健康的なライフスタイルをアピールしています。

アンダーアーマーとミスト・フィッツパトリック

アンダーアーマーはスポーツウェアブランドであり、ミスト・フィッツパトリックはNFLのクォーターバックです。アンダーアーマーはミスト・フィッツパトリックとのパートナーシップを通じて、NFLファン層にアピールしました。

リーボックとレスリー・スミス

リーボックはスポーツウェアブランドであり、レスリー・スミスはフィットネス界のトレーナーです。リーボックはレスリー・スミスとのパートナーシップを通じて、健康的なライフスタイルをアピールしました。

アスリートの過去の問題や不祥事のチェック

アスリートの過去の問題や不祥事を事前にチェックし、企業のイメージに影響がないか確認することが重要です。アスリートのイメージが悪くなることで、企業のブランドイメージも傷つける可能性があるため、事前に確認することが必要です。

アスリートの過去の問題や不祥事のチェックの具体例は以下の通りです。

ドーピング検査の結果確認

アスリートが過去にドーピング違反を行っていないかを確認するために、ドーピング検査の結果をチェックします。各競技団体やオリンピック委員会は、ドーピング検査の結果を公表しており、これを参照することでアスリートの過去の問題をチェックすることができます。

裁判記録の確認

アスリートが過去に法的な問題を抱えていないかを確認するために、裁判記録をチェックします。アスリートが過去に有罪判決を受けた場合、その情報は公開されており、これを参照することで過去の問題をチェックすることができます。

メディア報道のチェック

アスリートが過去に不祥事を起こした場合、それに関するメディア報道が残っていることがあります。これらの報道をチェックすることで、アスリートの過去の問題を把握することができます。

関係者の取材

アスリートの関係者、例えばコーチやマネージャーなどに取材することで、アスリートの過去の問題をチェックすることができます。関係者からの情報は貴重であり、アスリートの過去の問題を詳しく知ることができます。

ソーシャルメディアのチェック

アスリートが過去に不適切な発言や行動をした場合、それに関する情報がソーシャルメディアに残っていることがあります。これらの情報をチェックすることで、アスリートの過去の問題を把握することができます。

契約期間や契約内容の明確化

スポンサー契約期間や契約内容を明確に定めることが重要です。契約期間や契約内容について誤解があると、トラブルに発展する可能性があるため、細心の注意を払う必要があります。

アスリートと企業のスポンサー契約の契約期間や契約内容の明確化の具体例は以下の通りです。

契約期間の設定

契約期間は明確に設定し、契約更新の条件も明確にすることが重要です。例えば、1年間の契約期間を設定し、更新には両者の合意が必要とすることで、契約の透明性を高めることができます。

契約内容の明確化

契約内容を明確にすることも重要です。例えば、契約で提供するサービスや商品、契約期間中のアスリートの行動規範、報酬、契約違反時のペナルティー、契約解除の条件等を明確にすることで、契約上のトラブルを未然に防ぐことができます。

契約書の作成

契約内容をまとめた契約書を作成することで、両者の合意を明確にし、契約上のトラブルを未然に防ぐことができます。また、契約書は法的な効力があるため、細かい内容も含めて記載することが重要です。

契約違反時のペナルティーの設定

契約違反があった場合のペナルティーを明確にすることで、アスリートと企業の双方が契約を守るよう意識することができます。例えば、契約違反時には報酬の返還や契約解除等のペナルティーを設定することができます。

双方の権利義務の均衡を考慮した契約内容:契約内容には、双方の権利義務の均衡を考慮する必要があります。アスリートにとっては報酬が、企業にとっては宣伝効果が重要であるため、そのバランスを考えた契約内容を作成することが重要です。

アスリートの競技生活やプライベートへの配慮

アスリートの競技生活やプライベートに対する配慮が必要です。アスリートの競技スケジュールやプライベートの予定を考慮し、契約内容を調整することで、アスリートのストレスや負担を減らすことができます。

スポンサー企業がアスリートの競技生活やプライベートへの配慮に関する具体例は以下の通りです。

競技生活への配慮

アスリートの競技生活に配慮することが重要です。例えば、スケジュール調整や競技会への出場に関するサポートを提供することができます。また、怪我や病気の場合には適切な医療サポートを提供することも大切です。

プライベートへの配慮

アスリートのプライベートにも配慮することが重要です。例えば、家族や友人との時間を確保するためにスケジュールの調整や、休暇の提供をすることができます。また、トレーニングや競技に関するストレスを解消するためのサポートを提供することも大切です。

精神的なサポート

アスリートのメンタルヘルスに配慮することも重要です。例えば、トレーニングや競技に関するストレスに対するカウンセリングや、ストレスを解消するための娯楽活動の提供をすることができます。また、アスリートのメンタルヘルスに関するサポートを提供することで、アスリートと企業の長期的な関係を築くことができます。

報酬の公正性

アスリートへの報酬について、公正性を確保することが重要です。例えば、同じ競技のアスリート間での報酬格差をなくすために、同じ競技団体内のアスリートに対しては同じ報酬を提供することができます。また、アスリートの成績や実績に応じた報酬制度を設けることもできます。

契約解除の条件の明確化

契約解除の条件を明確にすることが重要です。万が一、契約違反が発生した場合や、契約を解除する必要が生じた場合に備えて、契約解除の条件を事前に明確化しておくことが必要です。

アスリートとのスポンサー契約において、契約解除の条件の明確化は重要なポイントの一つです。以下に、具体例を挙げます。

不祥事や違法行為に関する条項

アスリートが不祥事を起こした場合や、違法行為を行った場合には、契約を解除することができる旨の条項を明確にすることができます。例えば、ドーピング違反やスキャンダルなどがあった場合には、契約を解除することができる旨を明記することができます。

競技成績に関する条項

アスリートの競技成績が著しく悪化した場合には、契約を解除することができる旨の条項を明確にすることができます。例えば、特定のランキングやトーナメントで一定の成績を残せなかった場合には、契約を解除することができる旨を明記することができます。

契約期間に関する条項

アスリートとの契約期間について、明確に定めることができます。契約期間内に一方的に契約を解除することができる場合や、契約期間が満了した後に契約を自動更新する場合などがあります。

経済的な問題に関する条項

スポンサー企業が経済的な問題に直面した場合には、契約を解除することができる旨の条項を明確にすることができます。例えば、スポンサー企業が経営破綻した場合には、契約を解除することができる旨を明記することができます。

以上のように、契約解除の条件に関する明確な条項を設けることで、アスリートとスポンサー企業の両者が安心して契約を締結することができます。

 

以上のようなポイントに考慮しつつ、企業はアスリートとスポンサー契約をするようにしましょう。アスリートとのスポンサー契約について不明点などがあれば、Find-FCにスポンサー登録するのはいかがでしょうか?

★Find-FCの仲間になろう★

プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

スポンサー獲得の基礎知識カテゴリの最新記事