Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

日本一のラインバッカーになって海外リーグ挑戦を目指しているアメリカンフットボール『岩本卓也』選手にインタビュー!

日本一のラインバッカーになって海外リーグ挑戦を目指しているアメリカンフットボール『岩本卓也』選手にインタビュー!

今回はセパタクロー強化指定選手の玉置大嗣が、アメリカンフットボール『岩本卓也』選手にインタビューしていきます!

 

自己紹介と競技の説明

ーーまずは自己紹介と競技の説明からお願いいたします!

 

岩本選手:X1 Superリーグのオービックシーガルズに所属している岩本卓也です!

今は人材系のベンチャー企業に勤めながらアメリカンフットボールをしております。

ポジションは『ラインバッカー(LB)』というボールを持っている人をタックルしたり、チームの司令塔になって指示を出すことが仕事です。

――岩本選手が思うLBの魅力はなんですか?

 

岩本選手:LBの魅力は、フィジカルと頭脳が1番発揮できるポジションかなと思います。

ポジション的にディフェンス全体をコントロールしなければいけないのと、ヒットもタックルもパスカバーもするから、求められる事が多いポジションですね。

まず、自チームの作戦が理解できていないと周りに指示出せないし、対戦相手のプレー傾向や各選手の癖とかも理解していないとプレーを読む事も予測する事もできない。

相手のプレーを予測してビッグプレーを起こした時はめちゃくちゃ嬉しいですね!

それにプラスして、対戦相手とヒットしたり、ボールキャリアに対してタックルしたり、パスカバーもするからフィジカルも重要になるという感じです。

 

アメフトを始めたきっかけと経歴

ーーそもそもアメフトを始めたきっかけを教えて下さい!

岩本選手:出会いは、小学3年生時の朝礼でアメフト部が優勝して表彰されていたのを見たのがきっかけです。

それまで何かスポーツはしようと思ってサッカーや野球などの体験には行っていましたが、何かしっくりきませんでした。

アメフトの表彰式を見たとき、憧れみたいなのも少しはあったかと思いますが、

「アメリカンフットボールってなんだ!?」とシンプルに疑問を持ち、次の週には仲のいい友達と体験に行きました。

そこでアメフトにハマり、それから週末にはアメフトを続ける生活が中3まで続きます。

中学の時は電車とバスを乗り継いでクラブチームに通っていました。

平日は学校のハンドボール部で活動もしながら、ハンドの大会があっても週末はアメフト優先でやらせてもらって、中学ではアメフトで全国大会優勝を2回経験しました。

 

――部活もしながらアメフトで全国優勝までしていたのですね!それから高校はアメフトの強豪校に進学されたのですか?

 

岩本選手: 高校は大阪で当時一番強い大阪産業大学附属高校にスポーツ推薦をもらい入学したのですが、ひとつ上の先輩のラインバッカーの人が怪我をしていて、春の大会からすぐにスタメンになれました。

小学校からアメフトをやっている人本当に少なくて、さらに最初からラインバッカーをしていたので即戦力として使っていただけました!

戦歴としては、高1のときは関西大会決勝で敗退、高2は膝の怪我をしていたので自分は不出場、高3の時にはクリスマスボウルで優勝しました‼(※1)

 

※1 クリスマスボウルとは

関西大会の優勝校と関東大会の優勝校が対戦する。関西大会と関東大会はともに各地区を勝ち抜いた8校によるトーナメント戦で争われる。

 

――代表経験もあるのですか?

岩本選手:高校3年から大学入学までの間に行われたU-19の日本代表に選出され世界3位になりました!

それから日本大学に進学し、2年からスタメンになり、大学2,3年では甲子園ボウルに出場しましたが、惜しくも優勝ならずでした。(※2)

 

※2 甲子園ボウルとは

関西大会の優勝校と関東大会の優勝校が対戦する全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦のこと

 

大学3年時にはU-23の日本代表に選出され世界2位になりました!

その後は大学卒業後から今までオービックシーガルズに在籍しています。

 

また、中学からこれまで、ALL JAPAN、ALL X LEAGUE(野球でいうベスト9のような賞)には、合計8回選出されています。

 

ターニングポイント

ーーこれまででアメフトにおけるターニングポイントはありましたか?

 

岩本選手: ターニングポイントは2つあって、1つ目は高校2年生の6月に、前十字靭帯を断裂しました。

練習中にカットを切ったときに、バコっという音と同時に膝がズレた感覚がしました。

怪我をした時は膝の外側が痛かったから、外側靭帯を切ったのかと思っていましたが、病院に行ってMRIを撮ったら前十字靭帯が断裂していました。

全治までは手術してから約1年とお医者さんから伝えられて、その瞬間に高校2年生のシーズンが終了ということに絶望しました。

ショック過ぎて毎晩泣いていました。

「なんで俺がこんな怪我せなあかんねん」って思いながら。

 

落ち込んでいたある日、突然監督に呼ばれ、

『お前、フットボールの神様信じるか?』

と聞かれました。その時は何も答えられず無言でした。

 

そしたら監督が、

『フットボールの神様はおんねん。日頃からコツコツ真面目にやってるやつは、大事なとこで活躍すんねん。そうゆう奴がチームを勝たせんねん。逆にどんだけ上手くて実力あっても日頃から適当にやってるやつは、大事な場面でミスする。俺はそんな奴を何人も見てきた。』

と言われました。

 

高校1年生の春からスタメンで試合に出て活躍もしていたから、天狗になっていた自分がいたなと、気付かされました。

これは、フットボールの神様が「素直になれよ。天狗になったら終わりやぞ。」と教えてくれているんだなと思いました。

 

その日からは、天狗になった自分とはさよならして、復帰に向けて頑張る事を決めました。

そして、手術後はリハビリに週に4日通い、リハビリに行かない日は練習に行って後輩には徹底的にアメフトを教えました。

早く復帰するために担当の先生にお願いして通常の倍以上のメニューを与えてもらいました。

しんどすぎて投げ出しそうになった事もありましたが、復帰して活躍する事だけを考えて一心不乱に取り組みました。

 

当初復帰までは1年と言われていましたが、手術後7ヶ月で復帰。

厳しいリハビリに取り組んだ結果、体重は5kg増え、脚の速さも0.3秒タイムを縮める事ができました。

そして復帰した3年生の時は、全国大会優勝をすることができました。

 

この怪我から、学んだことは常に素直でいること天狗にならないこと

過去にどれだけ良い結果残していても関係ない。

常に素直で向上心を持って行動すること。

 

あの怪我は神様からの贈り物だと思っています。

 

――前十字断裂は私もしましたが、7ヶ月で競技復帰はかなりすごいですね。。。ターニングポイント2つ目はいつでしょうか?

 

岩本選手:2つ目は、大学卒業後、IT企業に就職したのですが、そのときアメフト熱が高まりすぎて、海外のリーグに挑戦したくなり、メキシコ行きを決めました。

しかしその時、仕事をやめて挑戦しようとしていたのですが、今の勤め先の社長さんに出会い、メキシコ挑戦に対して「メキシコでプレーして大怪我をして強制的に帰国になったとき、仕事のスキルも、働き口もなくて大丈夫なのか?それならうちで働かないか?」とお声がけいただきました。

 

確かに今の自分には社会経験も1年しかなくスキルもないなと思い、メキシコ行きは直前で辞退しました。

 

今はその社長のもとでアメフトにも集中できる環境で、仕事のスキルも磨きながら働かせてもらっていますが、もちろん、今も海外は目指しています!

 

――InstagramやTwitterでは学生向きにLBのお悩み相談をされていましたね

 

岩本選手: コロナで自粛の期間に学生フットボーラーに対して何かできないかと思い、LBについて質問を募集したら、それがびっくりするくらい拡散されまして(笑)

 

36校の学生に対して、zoomで顔を合わせて質問に答えましたね。

もちろん仕事もしながらなので、仕事前の早朝に開催することもありましたし、正直めっちゃ大変でした(笑)

 

けど、学生からの質問の系統が結構わかってきて、みんな同じようなことで悩んでいること、そして地方の学生のアメフトに対する知識が主要都市に比べてやっぱり少ないということがわかりましたね。

 

それからは、参考になるLBの動画をTwitterに上げ始めたのですが、結構反響もあって、今もマイペースですが投稿を続けています。

 

 

今後の目標

ーー今後の目標はなんですか?

 

岩本選手: 選手としては日本一のLBになって、海外でプレーすることです。

世界大会では2位、3位になれているので、今やアメリカやメキシコからもX LEAGUEでプレーをしたいと、何人もの選手が日本に来ているくらい、実は日本は強豪国です。

 

また、海外から自分に「日本でプレーがしたい」とメッセージをくれる選手がいたりして、そういった選手の架け橋になれるような、そんなアメフトのプラットフォームも作れたら良いなとも考えています。

そこでは、学生向けに行ったzoomでのお悩み相談から、コーチしたい人とノウハウの少ない学生を繋げられたりできるような形も考えています。

 

まずは自分が次のオフシーズンに、実際に地方にクリニックに出向くことも考えており、少しずつでも形にしていこうと思います!

ライターが感じる岩本選手の魅力

岩本選手をインタビューしていて、アメフトに対する自分へのストイックさ、熱さを感じる中に、どこか冷静さも持っているなと感じました。

怪我から学んだ「素直でいること」、自分がプレーできなくても後輩のために全力を注ぐこと、そして海外に行きたくて仕方がなかったのにメキシコ行きを断念したことから、それなら国内で自分がアメフトのためにできることは何か?としっかりと考え実行している姿に、利他(GIVE)の精神を感じました。

 

本人は特にそういったGIVE云々は考えずに、日本のアメフトに向き合った結果だとおっしゃっていましたが、この活動を通じて、応援してくれる方も増えたかと思いますし、今後、プラットフォーム作りなども進めていく中で、支援者はたくさん集まるだろうと感じました。

 

海外への挑戦と、日本のアメフトのためのプラットフォーム作りなど、自分のためだけでなく、日本のアメフトのためにも尽力している、これからの岩本選手の活躍が楽しみです!

 

岩本卓也選手を応援しよう!

アスリートとスポンサーを繋ぐFind-FCでは、岩本選手を応援して頂けるスポンサー、サポーター、ファンの皆様を募集しています。

 

 

 

 

 

★Find-FCの仲間になろう★

CTA-IMAGE プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

ピックアップアスリートカテゴリの最新記事