Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

【把握してますか?】アスリートがエージェントを通じてスポンサー契約やチーム所属契約する際のメリットとデメリット

【把握してますか?】アスリートがエージェントを通じてスポンサー契約やチーム所属契約する際のメリットとデメリット

アスリートがエージェントや仲介会社、マッチングサービスを利用して、スポンサー契約やチーム所属契約を締結することは今やトッププロならず、アマチュアアスリートの間でも行われていることです。今回はアスリートがエージェントを通じてスポンサー契約やチーム所属契約をする際のメリットとデメリットはご紹介いたします。

エージェントを通じてスポンサー契約やチーム所属契約をする際のメリット

  1. 専門知識があるプロの代理人によって契約交渉が行われるため、より有利な契約条件を引き出すことができます。
  2. エージェントが選手のスケジュールを調整し、必要な場合には旅行や宿泊の手配を行うことで、選手はより集中して競技に取り組むことができます。
  3. エージェントがマーケティングやブランディングの専門家である場合、選手のプロモーションやスポンサーシップ契約の獲得に役立つことがあります。
  4. エージェントが複数のクライアントを持っている場合、相互に連携してビジネスの機会を生み出すことができます。
  5. 選手としてのキャリアの終盤に向けて、エージェントが引退後の生活についてのアドバイスを提供することができます。

エージェントを通じてスポンサー契約やチーム所属契約をする際のデメリット

  1. エージェントに支払う手数料がかかるため、契約金額が減額されることがあります。
  2. エージェントの代理人によって交渉が行われるため、選手自身が自分の考えを直接伝えることができない場合があります。
  3. エージェントによって選手のビジネス活動がコントロールされることがあり、自由度が制限される場合があります。
  4. エージェントとの契約が不適切である場合、選手は契約から抜け出すことが難しくなる場合があります。
  5. 選手自身がビジネスの取引に慣れていない場合、エージェントに全面的に頼ってしまうことで、自己判断力が鈍ってしまうことがあります。

では、逆にエージェントを通じない場合のメリットとデメリットをご紹介します。

アスリートがエージェントなどを通さずに自分でスポンサー契約やチーム所属契約をする際のメリット

  1. 契約交渉において、自分自身が直接交渉することができるため、契約条件をより自分の意向に合わせることができます。
  2. エージェントに支払う手数料を払う必要がないため、契約金額が減額されることがありません。
  3. 自分自身でマーケティングやブランディングを学ぶことで、自分のブランド価値を高めることができます。
  4. 自分自身でビジネスの取引を行うことで、ビジネスに対する知識やスキルが向上することがあります。
  5. エージェントに頼らず、自分自身でビジネス活動を行うことで、自己決定能力が向上することがあります。

アスリートがエージェントなどを通さずに自分でスポンサー契約やチーム所属契約をする際の出メリット

  1. 契約交渉やビジネス取引に関する専門知識が不足している場合、不利な契約条件を受け入れてしまう可能性があります。
  2. 自分自身でマーケティングやブランディングを行う場合、それにかかる時間や労力が多くなるため、競技に集中することができなくなる可能性があります。
  3. 直接交渉することで、ビジネス上のトラブルが生じた場合、解決するのが難しくなる場合があります。
  4. 契約交渉やビジネス取引に時間を費やしすぎることで、競技成績が低下する可能性があります。
  5. 自分自身でビジネスを行う場合、ビジネスに専念することで競技に必要な時間や労力を削減することができるため、将来的に競技から離れる可能性があります。

以上のようなことからそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、最終的にはアスリートの自己判断と責任のもとでエージェントを活用するか否かを決めましょう。

★Find-FCの仲間になろう★

プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

スポンサー獲得ノウハウカテゴリの最新記事