Facebookを使ってアスリートがスポンサーを獲得する

      2018/03/09

アスリートのSNSの活用<Facebook編>

アスリートがスポンサーを獲得するためにFacebookを活用する

アスリートのスポンサー獲得にはインターネット活用が重要だとお伝えしてきました。これまでは概念的な話でしたが、具体的な活用方法に入っていきます。まずは、数あるSNSの中で一番重要なFacebookの活用からです。

ビジネスパーソンはFacebook利用者が多いからスポンサー獲得のためにはFacebook

SNSにはさまざまなものがあります。それぞれのSNSの利用者層は異なります。Facebookは実際に面識のある人と繋がっていることが多く、ビジネスマンや特に経営者はFacebookを利用しており、Facebook上で情報交換やイベント告知などをしています。スポンサー獲得のためには企業のトップ層に情報を届けないといけませんので、Facebookが有効です。

 

Facebookには、個人ページとFacebookページがある。違いを知って活用

まず、Facebookには個人ページとFacebookページがあります。この違いをしっておきましょう。簡単に言うと、個人ページは個人のためのページとなり、友達との交流の場となります。Facebookページは商品やサービスを気に入ってくれた人へのPRや告知のための場となります。

Facebookでは個人ページがベースとなる

Facebookにアカウント登録をするとあなたのページができます。これが個人ページとなります。まずこちらがベースとなります。個人ページのウォールにはあなたの友達やいいねをしたFacebookページの情報が流れてきます。以下のような特徴があります。

  • 登録は本名のみ(会社名や商品名では登録できない)
  • 友達申請ができる(5,000人まで)
  • 友達になった人の個人ページや投稿、Facebookページに「いいね!」や書き込みができる
  • 広告やインサイト(アクセスを調べたりする機能)は使えない
  • Facebookにログインしている人しか見れない
  • 投稿内容は検索エンジン(yahoo!やgoogle)の対象外

Facebookページは会社、商品、サービスをPRするための機能

Facebookページは、会社や商品、サービス別にページを作ることができます。会社などがPR活動のために利用している機能です。Facebookページに「いいね!」をしてもらったユーザーにFacebookページの投稿を表示することができます。以下のような特徴があります。

  • 会社名やサービス、商品名で登録可能(1人でいくつでも所有できる。また複数人で管理することもできる)
  • 友達申請という概念はなく、Facebookページに「いいね!」を押してくれた人(ファンと呼びます)に投稿を見せることができる(いいねをリクエスト(催促)することはできる)
  • ファンの人数は無制限
  • 他の個人ページに書き込みはできないが、自分のFacebookページの投稿に対するコメントに対して返信コメントにFacebookページとしてコメントしたり、Facebookページでシェアをすることができる
  • 他のFacebookページにコメントできる
  • 広告やインサイト(アクセスを調べたりする機能)が利用できる
  • Facebookにログインしていない人でも見ることができる
  • 投稿内容が検索エンジン(yahoo!やgoogle)の対象となる

 

Facebookの友達や「いいね!」が多いということはそれだけたくさんの人にPR活動ができるということ

まずは、個人ページについてです。個人ページでは、友達を増やさないといけません。基本的にFacebookでは実際に面識のある人や紹介をしてもらった人など現実世界においても何かしらのつながりのある人と友達になります。

あなたが何かを投稿したときには、友達全員にその投稿が表示されます。つまり友達が多ければ多いほどあなたの活躍をPRしたり、スポンサーの商品やサービスをPRすることができます。



Facebookに未登録の人はアカウントを作成しましょう

Facebookに未登録の人はアカウントを作成しましょう。そしてできる限り友達を増やしましょう。個人の楽しみでFacebookをするのであれば友達は少なくても構いませんが、スポンサーを獲得したいのであれば、1人でも多くの友達を増やすことが重要です。

あなた個人のFacebookページを作成しましょう

個人ページを作成するとともにあなた個人のFacebookページを作成しましょう。そしてあなたのファンの人にFacebookページの「いいね!」を押してもらいましょう。

Facebookページの作り方は簡単です。Facebookにログインをした状態で https://www.facebook.com/pages/create/ をクリックするとFacebook作成のナビゲーションが始まりますので、ナビゲーションに従うと簡単に作成できます。

 

Facebookページの名称にはスポーツ名を入れよう

アスリートの場合には、Facebookページの名称は「スポーツ名:アスリートの名前」といった形が良いです。例えば、「サッカー選手:アスカツ太郎」みたいな感じです。そうすることでそのスポーツに興味のある人に見てもらうことができます。また、後ろに「を応援するページ」といった文言をつけるのもよいでしょう。

Facebookウェブアドレスを短くしよう

FacebookページのURLは最初はすごく長いです。こちらを短くすることができます。名前のローマ字表記やローマ字表記+スポーツ名の短縮などが良いです。短くすることで名刺などにも印刷することができます。

Facebookページの作成方法を詳しく知りたい方は

ここでFacebookページの作成の仕方を書くと非常に長くなってしまいます。また、非常に詳しく説明をしているページがありますので、そちらを紹介します。

最新まとめ!【保存版】Facebookページの作り方

 

Facebookページを作成したら「いいね!」を友達にリクエスト!

Facebookページを作成したらまずは友達に「いいね!」をリクエストしましょう。Facebookページに下記のようなリンクがあるはずです。まずは、友達で100いいね!を獲得しましょう。

fb

 

友達が少ない、「いいね!」が少ないページへの投稿は無意味!

友達が少なかったり、「いいね!」が少ないページに活動状況をひたすらアップしてるアスリートの方がたくさんいます。

数が少ないところへの投稿は無意味です!!

特に個人ページは検索エンジンの対象にもなりません。誰でも投下できるパワーは限りがあると思います。もし、数が少ないのであれば、数を増やす努力をしましょう。どうしても数を増やすことがむつかしければ、投稿は控えて別のことにパワー投下をしましょう。例えば、同じ投稿内容であっても、ホームページやブログへの投稿であれば、検索エンジンの対象になりますので、見知らぬ人にあなたの活躍をPRできるチャンスがあります。

 

個人ページとFacebookページの使い分け

個人ページとFacebookページの2つがあると使い分けがはどうしたら良いのかという疑問があると思います。さまざまな使い分けの方法がありますが、基本的に個人ページに個人の近況(アスリートとしてではなく)やアスリートとしての活動状況やホームページの更新情報の投稿し、そのうちアスリートとしての活動に関するものをFacebookページがシェアする形で投稿する形がよいと思います。

※投稿をシェアしようとすると、どこでシェアするかを確認されますので、「管理しているページでシェア」を選択してシェアします。

Facebookでシェア

 

Facebookの友達数や「いいね!」数がスポンサー獲得に重要

ちょっと難しいなと感じる人がいるかもしれませんが、ここからが本題です。Facebookの友達数やFacebookページの「いいね!」数がスポンサー獲得に重要になります。

Facebookの友達数やFacebookページの「いいね!」数=PRできる数

まず、Facebookの友達数やFacebookページの「いいね!」数はあなたがスポンサーの商品やサービスをPRできる数です。仮に合計で10,000あれば、多数の企業がスポンサーをしてくれると思います。企業はFacebook上で商品、サービスのPRを見てもらうのに1回あたり数円~数十円の費用を掛けています。つまり10,000人にPRできるということは、数万円~数十万円の価値があるということです。

Facebookの友達数やFacebookページの「いいね!」をリクエストできる数

Facebookの友達にスポンサー企業のFacebookページの「いいね!」をリクエストできます。「いいね!」の数を増やすことは企業にとって重要な広告戦略のため、「いいね!」を広告を使って増やしている企業も少なくありません。広告で「いいね!」を獲得するためには、1いいね!あたり100~200円かかります。

もし、あなたがスポンサー企業のFacebookページの「いいね!」をリクエストを友達全員に行った場合、最大で友達の人数×100~200円の価値があります。(一般的にリクエストに応えてくれるのは半分~3分の1です。)

 

FacebookでのPRを求めている企業とは

Facebookの友達数、「いいね!」数が企業にとって価値のあるものだということがわかってもらえたでしょうか。では、「FacebookでPRをするからスポンサーをお願いします」という声に応えてくれる企業はどこにいるかというと。

  • Facebookで広告を出している企業
    →Facebookのウォールをよく見てください。投稿に「広告」と入っている企業が広告を出している企業です。
  • Facebookで積極的に投稿をしている企業
    →FacebookでのPRを重要と考えている可能性があります。これまで広告を出したことがない企業の場合にはお試してでPRをしてあげてその効果を持って交渉するのもよいでしょう。
  • ネットサービス企業
    →実店舗だとネットでPRを見てから実店舗に足を運んでもらって初めて売上につながりますので、ハードルが高いです。その点、ネットショップやインターネットのサイトでサービス展開をしている企業であれば、リンクをクリックしてもらうだけでサービスを使ってもらえますので、非常に効果が高いです。

※Facebookの「いいね!」の販売は禁止されていますので注意しましょう。

Facebookの「いいね!」の販売はFacebookの規約で禁止されていますので、あくまでPRをお手伝いするという形で進める必要があります。その中で広告を出していたとしたら、○○円かかると思いますという形で金額の妥当性を説明するのは問題ないと思います。

 

いかがでしたでしょうか。FacebookだけでなくSNSは今日から始めても効果がでるだけの数を確保するには時間がかかります。すぐにスポンサー獲得を考えていないアスリートも将来のために活動を始めることをお勧めします。

 

 - アスリートのインターネット活用