スポンサーを探すのではなくインターネットで広告収入を得る

   

スポンサーを探すのではなくインターネットで広告収入を得る

スポンサーを探すのではなくアスリート活動を通じて広告収入を得る

活動資金に困っているアスリートはたくさんいます。そして、活動資金を確保するために使われる手段は大きく3つです。

  • 会社員、アルバイトとして給与所得を得る
  • 両親、親戚、知り合い等にお願いをする
  • スポンサーを獲得する

しかし、インターネットの普及によって第4の収入源ができました。それが、インターネットを通じてアスリート活動を情報発信することで収入を得るという方法です。

 

アスリート活動をインターネットを使って換金する

換金というのは、少し言葉の表現は語弊を与えるかもしれませんが、アスリートとしての活動をインターネットを通じて、情報発信することでお金に換えることができます。

インターネットを使わなくとも、ゴルフなどでは「○○選手直伝250ヤード飛ばす」といった書籍が販売することで、ゴルファーとして得た知識を書籍にすることでお金に換えています。野球、ゴルフ、サッカーなどのメジャーなスポーツはスポーツ人口も多いので販売部数も期待できますので書籍化されることが多くあります。一方で、選手人口も多いので、書籍化してもらえるアスリートになることも大変です。

マイナースポーツのアスリートこそがインターネットを使うことで収入源となる要素があります。なぜならば、マイナースポーツほどそのスポーツをする人たちは情報を得ることに苦労しているからです。

 

アスリートとしての活動を情報発信するのではなくそのスポーツをする人に向けて情報発信する

情報発信するといっても、アスリートとして、「○○大会にエントリーしました」「○○大会で優勝しました」といったアスリートとしての活動を発信するわけではありません。あなたのアスリートとしての活動に興味があるのは、あなたのファンだけです。あなたのファンではなく、あなたがしているスポーツをする人に向けて情報発信するのです。

アスリート活動を通じて得た知識を情報発信する

あなたがしているスポーツをする人が得たい情報を発信していく必要があります。例えば・・

  • 基礎的なテクニック
  • トレーニングできる場所
  • 初心者から抜け出すためのアドバイス
  • 誰も教えてくれない上位選手だけが知るテクニック
  • 季節や気候に合わせたテクニック、セッティング
  • 用具の選び方
  • 用具のメンテナンス、セッティングの仕方

などなどです。マイナースポーツであればあるほどこういった情報は得にくいものです。試しにあなたのスポーツに関して上記のようなことを検索してみてください。どれくらいの情報源がありましたでしょうか?

マイナースポーツの場合には、「自分のテクニックを他人に知られたくない」「情報発信するための知識を持つアスリートがいない」「アスリート以外にはその情報がないので情報発信のプロには情報発信できない」という3点の理由から情報発信されていないケースが多くあります。

すべての情報を提供する必要はない

あなたがアスリートとして、他のアスリートに知られては困る情報は発信する必要がありません。あなたのスポーツにおいて、一定以上のレベルの人であれば誰でも知っていることを発信していけばよいのです。

下位カテゴリーがある競技の場合には、下位カテゴリー時代のことはすべて情報開示すると良いでしょう。下位カテゴリーが子供がメインの場合には、親御さんが必死に情報を求めており、一方で情報はあまり無いという状況ですので、価値のある情報サイトになります。

 

アスリートとして得た知識を情報発信するとなぜ収入を得れるのか?

他人に知られたくない情報を世間に公表するとなぜ収入を得ることができるのかという疑問を持つかもしれません。

情報サイトには広告を掲示することができるから!

情報を発信するサイトには広告を掲示することができます。そして、その広告収入を得ることができます。例えば、あなたが紹介した用具をサイトを見た人が購入すれば売上代金の数パーセントが入ってきます。

多くの人が集まれば集まるほど収入はあがっていく

情報サイトに人が集まれば集まるほど収入はあがっていきます。スポーツや発信された情報の内容によるので一概には言えませんが、あるスポーツについて一通りの情報を発信すれば、月に数千円~数万円の収入になります。情報発信の仕方や、スポーツがマスメディアに取り上げられたりすると数十万円の収入になるケースもあります。

 

広告収入はスポンサーによる収入の数倍の価値がある

あなたが作った情報サイトから広告収入を得ることができた場合には、スポンサーによる収入の数倍の価値があります。なぜならば、そのお金はあなた自身が産み出したものだからです。スポンサーからの収入は、その対価としてスポンサーメリットを提供する必要があったり、使用目的にも制限がかかります。しかし、あなたが産み出した収入は自由に使えます。ですので、金額は少なくてもスポンサー収入の数倍の価値があります。

 

情報サイトの発信がファン獲得、スポンサー獲得につながる可能性が高い

情報サイトではアスリートとしての活動を発信するのではないと書きましたが、発信してはいけないけないわけではありません。むしろ積極的に発信してください。情報サイトの根拠としてあなたのアスリートとしての活動が信用を与えてくれます。

スポーツの情報を探している人があなたのファンにそしてスポンサーになる

あなたの情報サイトを見て、そのスポーツが上手くなった人はどうなるでしょうか?多くの人があなたのファンになるのではないでしょうか。そして、その中にはスポンサーとなってくれる人もいてもおかしくありません。

 

最後に。このテーマに興味を持ったアスリートのみなさんへ

ここまで軽く書きましたが、インターネットを使って収入を得ることは簡単なことではありません。情報サイトを今日作って、明日に収入になるということはありません。何か月という継続が収入に変わっていきます。

本気でやるというアスリートにはアスカツがサポートします。

実際に情報サイトをどうやって作っていくのかというのは、ここでは説明をしきることができません。もし、本気でやりたいというアスリートの方はアスカツまでお問合せください。

アスカツのリリースを記念して当面は無料でサポートをさせていただきます。
(将来は有料化しますのでお早めに)

>>アスカツへのお問合せはこちら

 - アスリートのインターネット活用