Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

【デフアスリート】たくさんの企業様からサポートの元、ケニアで強化合宿中のマラソン・中野洸介選手より活動報告レポート

【デフアスリート】たくさんの企業様からサポートの元、ケニアで強化合宿中のマラソン・中野洸介選手より活動報告レポート

聴覚障害のある人たちのスポーツの国際大会「デフリンピック」東京開催まであと2年。

「自国開催で金メダル」という目標を掲げてケニアで強化合宿中の中野 洸介選手から活動報告レポートが届きました。
また本記事では、今回のケニアの遠征を可能にし、日頃よりサポートしているスポンサー企業、関係者各位への感謝の敬意を表すとともに、ご紹介をさせていただきます。

デフリンピックとは?

デフリンピックは、4年に1度、世界規模で行われる聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会であり、国際ろう者スポーツ委員会が主催する障害者スポーツにおける最初の国際競技大会である。夏季大会と冬季大会があり、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアにおいて始まった。

日本での開催は初となり、2025年の11月15日から26日までの12日間で、世界のおよそ80の国と地域から5000人から6000人ほどの選手団の参加を見込んでいる。

デフリンピックマラソン代表候補・中野洸介選手について

埼玉出身。高校から本格的に陸上競技を始めるも、ストイックな性格によりオーバーワークによる故障を経験する。
高校卒業後はフルマラソンを専門としながら10000m、5000mにも挑戦しスピードを磨く。
4年に1度開催されるデフリンピック(聴覚障がい者のオリンピック)にて、男子フルマラソン初の優勝というタイトル獲得に向け、日々の練習を積み重ねていたが、2022年ブラジル開催のデフリンピックでは、現地での新型コロナ陽性者増加に伴うマラソン出場辞退という悔しい結果であった。

現在は2025年に日本で初開催されるデフリンピックで優勝という目標を掲げ、ケニア遠征を行なっている。

中野洸介選手プロフィール

ケニアに暮らしてのフィーリング

2023年5月30日〜8月28日の3ヶ月間
ケニアの首都ナイロビから車で約6時間離れた田舎「イテン」でマラソントレーニングのため単身遠征してきました。
簡潔ではありますが、今回はそのことを記事にします。

イテンは標高2200〜2400mに位置し、ランナーならほぼ全員が知ってると言っていいほど有名な場所です
なぜならこれまでオリンピック中長距離、マラソン種目でメダリストを沢山輩出してきたため「マラソンの聖地」と呼ばれている場所でもあるからだ。
そんな場所へ3ヶ月間、己と向き合うために2日間かけて足を運びました。

滞在期間、週3ポイントをこなしながらトータル2,508kmの走り込み
曜日毎のメニューは以下の通り
火曜日:スピードセッション
木曜日:ファルトレク
土曜日:ロングラン
それ以外の曜日は全てジョグで繋ぎ、かつ全曜日とも午後ジョグを行ってきた。無論、どれも標高2200m〜2400mの場所は言うまでもない。

火曜日は、土トラックで400m30本や800m15本、1000m10本等。運が良ければ世界記録保持者のキプチョゲ選手とも会えたり?!
木曜日は、赤土の上で1’or2’or3′のいずれかのスピード+1’ジョグを数本繰り返すトレーニング。大小なる石ころがあるので、捻挫に注意しながら走るわけでメンタル的にもけっこうやられる。ちなみにスピード区間の時間は、ある責任者の気分で決めるそう(笑)
土曜日は、30〜40kmのロングラン。ここはコンクリートで走るのだが、それでもイテン特有のアップダウンである事に変わりはない。コースとはいうと、Uターンする以外一直線。
毎日かなりの量の走り込みと質の高いポイントをこなすので、故障はつきものです。
ケアも怠ることなく、週2〜3回マッサージを挟みながらもシンプルにトレーニングを継続してきました。

食事の面では、日本食中心の生活を営んでいる人は、もしかしたら合わないか、すぐ飽きるかもしれませんが
私の場合は日本でも普段から様々なジャンルの料理を食べてきているので、特に不便はありませんでした。
一度もお腹を壊すことがなければ、体調不良もなく。

高地トレーニングをしたからと言って、必ず結果が出るとは限らず、帰国しても更なるアウトプットをしていくように心がけます。
そして2025年デフリンピックで優勝を獲るための道のりとして、今回の練習はもちろん、来年のケニア遠征も直結するようなトレーニングを地道に積み重ねていきます。

今年度レースの公表

この場をお借りして、今年度目標レースを公表します。
※他レースもあるが、記載のものは全力で。

【9月】
24日 一関国際ハーフマラソン

【10月】
7日    ホンジュラスハーフマラソン
22日 江戸川10km(ゲストランナー)
29日 金沢マラソン

【11月】
19日 上尾ハーフマラソン
下旬   第一回アジアデフ陸上競技選手権大会 フルマラソン

【12月】
3日   防府読売マラソン(予定)

【2月】
4日    埼玉県駅伝競走大会
11日 全日本実業団ハーフマラソン
25日 大阪マラソン2025

次回ケニアへの渡航予定

次回は2024年8月〜10月の2ヶ月間、滞在を予定しています。
自己負担をしてまで、競技に全身をかけ、強くなりたいアスリートのみ、私までご連絡をください。
情報提供、帯同等のサポート可能です。

スポンサー企業、機関一覧

終わりに、日頃から私の活動に賛同し、
今回ケニアの遠征を可能のものにして頂いたスポンサー企業、関係者様への
感謝の敬意を表すと共に、紹介させていただきます。

◆Find-FC 様

️◆チームニュートリライト 様
https://www.nutrilite.jp/teamnutrilite/teamnutrilite.html

◆ザムスト 様

◆セブスポーツ 様

️◆東京メールサービス 様
https://athlete.tm-service.co.jp

◆global Wi-Fi  様

◆ウィンゲート 様

️◆江戸川区文化教育部スポーツ振興課 様
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e028/sports/sports/syougaisya_suports/nakanokosuke.html

️◆埼玉県県民生活部スポーツ振興課 様
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0312/paradream/5nintei.html

デフアスリート・中野 洸介選手を応援しよう!

アスカツの姉妹サイトFind-FCでは、中野 洸介選手を応援・ご支援してくださるスポンサー様、サポーター・ファンの皆様を募集しています。詳しくはアスリートとスポンサーを繋ぐFind-FCをご覧ください。

中野洸介選手プロフィール

★Find-FCの仲間になろう★

プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

海外アスリートレポートカテゴリの最新記事