Find-FCってどんなサイト?アスリート必見!これを読めばすべてが分かる!

【フレスコボール】大和地亮太・未沙子「沖縄ビーチスポーツフェスティバル2024」大会結果報告

【フレスコボール】大和地亮太・未沙子「沖縄ビーチスポーツフェスティバル2024」大会結果報告

2024年フレスコボールの開幕戦として、2月10(土)〜11日(日)に沖縄県豊見城市の美らSUNビーチで「沖縄ビーチスポーツフェスティバル2024」が開催されました。
本大会に出場した大和地 亮太大和地未沙子両選手よりコメントが届きましたので、ご紹介させていただきます。

コミュニケーションデザインスポーツ “フレスコボール” とは

フレスコボールは、ブラジルのリオデジャネイロ発祥のビーチスポーツ。
1945年にリオ・デ・ジャネイロのコパカバーナビーチで考案され、現在は世界各地のビーチで親しまれるようになっています。

フレスコボール最大の特徴は、向かい合う2人が競い合うのではなく、協力してラリーを続ける採点競技という点。
競技時間は5分間、7mの距離を保って試合を行います。
協力してラリーを続ける様子から「思いやりのスポーツ」とも言われ、2023年4月現在、日本全国で24のJFBA公認地域クラブと1の公認学生団体が設立され、フレスコボールを通じた地域コミュニティが形成されています。

日本フレスコボール協会は、このスポーツの魅力をより多くの人に知ってもらうために2013年に設立され、2025年までに日本全国47都道府県で地域クラブ設立を目指して積極的に活動を行っています。

詳しくはこちら

ビーチテニスとは

ビーチテニスは、1980年頃にイタリアで発祥。
2人の選手がそれぞれラケットを使い、ネットを挟んでボールを打ち合います。
浜の上でプレーするという特徴的な環境のため、通常のテニスとは異なる戦略や高度なテクニックが求められ、そのラリーの応酬は、「見る人」にとっての魅力の一つともいえます。日本では、2008年に神奈川県藤沢市鵠沼海岸で普及が開始され、海外でも人気を博し、ナイター照明やインドア施設など、ビーチリゾートのような文化の中にビーチテニスが融合した洗練された雰囲気の施設も増加中です。

ビーチモルックとは

モルックは、1996年にフィンランドで考案されました。
モルックと呼ばれる木製の棒を投げ、数字が書かれた木製のスキットルを倒し、倒れたスキットルの内容によって得点を加算します。
先に50点ちょうどを記録するチームを競うルールで、チーム競技であるため、メンバーと連携する必要があり、50点を獲得するための戦略も求められます。
チームワークや協力性を発揮することで、より効果的なプレーを実現できるため、フレスコボールやビーチテニスと同様にコミュニケーションが重要になります。
性別や年齢に関係なく楽しむことができ、狙ったスキットルを倒す快感や、チームメンバーとの協力プレーの喜びなど、楽しみながら運動することがモルックの魅力で、そのモルックをビーチで行うのがビーチモルックです。

「FRESCOBALL JAPAN TOUR 2024」年間スケジュール

JFBAでは、「フレスコボールの公式戦開催を通じた地域貢献」という理念を掲げ、全国での大会開催を計画しています。
自身のベストラリーにチャレンジできる機会を一つでも多く提供したいという意図から、2024年度は昨年に比べて大会数を1つ多く設定しています。一方で、大会数増による各選手の負担や都合なども考慮し、予選ステージにおける参照大会数は2のままとしています。
また申請の都合で「調整中」のステータスもありますが、承認され次第、適宜公表いたします。

〈2024シーズン運営案〉
■1stステージ
①2月10日(土)        |フレスコボールオキナワカップ2024〈SPRING CAMP〉【沖縄】
②3月30日(土)-31日(日)   |フレスコボールツダノマツバラカップ2024【四国】
③5月4日(土)-5(日)        |JBGF®︎フレスコボールオダイバカップ2024【東京】

■2ndステージ
④6月1日(土)-2(日)        |兵庫開催(調整中)【関西】
⑤6月29日(土)-30日(日)   |フレスコボールオキナワカップ2024〈SUMMER CAMP〉【沖縄】
⑥7月13日(土)-15日(月祝)  |フレスコボールショウナンカップ-鵠沼-2024【湘南】
⑦8月24日(土)-25日(日)   |岩手開催(調整中)【東北】

■ファイナルステージ
⑧9月21日(土)-22日(日) |JBGF千葉フレスコボールジャパンオープン2024【関東】

※9月27-29日にて『フレスコボールワールドリーグ2024@ポルトガル』開催予定(出場権を有する選手=2023年度日本代表ペア)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■プレーオフ大会
◯10月5日(土)-6日(日) or 10月26日-27(日)  |JBG須磨大会【関西】

■海外大会
◯12月|フレスコボールブラジル選手権2024 ※現地団体と調整中

2024年のルール、採点方法、日本代表選考基準はこちら↓
https://blog.frescoball.org/blog/archives/p21252/

沖縄ビーチスポーツフェスティバル2024 大会概要

日程:2024年2月10日(土)、11日(日)
場所:美らSUNビーチ(沖縄県豊見城市字豊崎5-1)
主催:沖縄ビーチスポーツフェスティバル実行委員会
後援:豊見城市、豊見城市商工会、一般社団法人豊見城市観光協会

▼「沖縄ビーチスポーツフェスティバル2024」公式HP
https://www.frescoball.org/okinawa_beachfes2024/

本イベントは、「フレスコボール」「ビーチテニス」「ビーチモルック」の3競技からなり、1日目に自身のメイン競技の公式戦に参加し、2日目にはチャレンジマッチとして自身のメイン競技以外の2競技にも挑戦するという、今までにないユニークなイベントです。

総合ランキングポイント1位に輝いたペアには「KING OF BEACH SPORTS」の称号が与えられます。
また今大会では、賞金総額15万円となり、優勝賞金は6万円、総合ランキングポイント1~5位のペアにそれぞれ賞金が贈呈されます。
今大会のアンバサダーには、沖縄人気芸人の「ありんくりん」が就任しました。

各競技のチャレンジマッチのルールは、初めてその種目に挑戦する選手でも楽しめるように「特別ルール」が設定されました。
例えばビーチモルックでは、本来3回連続で投擲ミスをしてしまうと失格となりますが、チャレンジマッチルールだと4回連続ミスまで許容され、また失格にもならずに「0点」に戻る特別ルールとなっています。

大会後には、ビーチスポーツ同士の垣根を超えた交流を目指し、コミュニケーションパーティーも開催されました。

Find-FCアスリートのフレスコボールプレイヤー、大和地亮選手、大和地未沙子選手も今大会に出場しました。

沖縄ビーチスポーツフェスティバル2024 大会結果

▽男子の部
優勝  五十嵐恭雄×赤塚康太ペア
準優勝  諏訪純也×大川拓真ペア
第3位  松井芳寛×杉村秀樹ペア
第4位  大和地亮太×新城悠也ペア

▽女子の部
優勝  落合真彩×松本沙耶香ペア
準優勝  山口桃子×岡井花子ペア
第3位  大木結女×大久保美音ペア
第4位  大和地未沙子×新城美樹ペア

▽ミックスの部
優勝  諏訪純也×落合真彩ペア
準優勝  赤塚康太×松本沙耶香ペア
第3位  外山祐次×大和地未沙子ペア

第8位  大和地亮太×山口桃子ペア

ベストラリー賞
石河洋一郎×サムバグナーペア

ファッション賞
渡辺直樹×渡辺百合子ペア

他競技結果
大和地亮太
ビーチテニス準優勝

大和地未沙子
モルック優勝

総合ランキング
優勝  柴山葵×宮坂みさペア(ビーチテニス)
準優五十嵐恭雄×岡井花子ペア(フレスコボール)
第3位  玉城兄弟ペア(モルック)
第4位  松井芳寛×新開由佳子ペア(フレスコボール)
第5位  外山祐次×大和地未沙子ペア(フレスコボール)
第10位  大和地亮太×山口桃子ペア(フレスコボール)
https://blog.frescoball.org/blog/archives/p21499/

年間ランキングはこちら
http://www.frescoball.org/ranking

大和地 亮太選手のコメント

今年もシーズンが始まり、2年ぶりとなる沖縄からスタート!
今回はフレスコボールに加えてビーチテニス、ビーチモルックの3競技からなるイベントになり、競技や交流をとても楽しめました!
大会開催、運営して頂いた関係者の皆さま本当にありがとうございました!

昨年もフレスコボール日本代表になることが叶わずでしたが、趣味でやっていたスパイクボール(ラウンドネット)での日本代表選手に選出頂き、アジア大会に出場するという貴重な経験ができました
オフシーズンには、筋トレ効果もあり、フレスコボールトリンカ(3人組)大会にて3冠、パデルの大会にも出場し優勝、他にもビーチテニスの大会出場やクロスミントン、ピックルボールなどありとあらゆるラケットスポーツに挑戦し、フレスコボールで勝つ為の素晴らしいクロストレーニングになりました!
今後も引き続き、色々なスポーツをやっていきたいので、ぜひお声かけ頂けますと嬉しいです!

今回男子の部、ミックスの部(今回は別ペア)共に入賞叶わずでしたが、オフシーズンのトレーニングが確実に成長に繋がっていることを実感できたので、今後の大会が楽しみです!!!
次戦から、男子ミックス共に本ペアの挑戦になります!

応援して頂いてる方々に良い報告ができるよう、男子の部とミックスの部でのW優勝、日本代表選出を目指し、頑張ります!!!

もちろん競技のみの活動だけじゃなく、ビーチクリーンによる環境保護、小学生〜お年寄り、家族、友達、健常者、障害者などの壁をなくして楽しめるフレスコボール体験会を通して人や地域との交流、気軽に三密回避してできる運動として健康促進など、フレスコボールで地域を盛り上げていき、地域活性化に繋がる普及活動もしていきます!
今後とも、フレスコボールの応援よろしくお願いいたします!!!

大和地 未沙子選手のコメント

今回は女子もMIXも昨年度のペアと違うペアで出場しました。
ペアが変わることで、新鮮な気持ちで戦えたこと、改めて心からフレスコボールを楽しむことを感じたことが大きな収穫でした。
長年組んでるペアだからこそ、安心感はありますが、無意識に馴れ合いが出てきていた部分もあったと思います。
次戦からは本ペアでのシーズン開幕戦となりますので、この感覚を活かして、最高のラリーにしたいと思います!

フレスコボール大和地 亮太・未沙子選手を応援しよう!

アスカツ・Find-FCでは、 大和地(旧姓:斉藤)亮太選手と大和地美沙子選手の夫妻ペアを応援・支援してくださるスポンサー様、サポーター、ファンの皆様を募集しております。詳しくはFind-FCをご覧ください。

 

 

★Find-FCの仲間になろう★

プロ・アマ問わず、スポーツに情熱を注ぎ、私たちに感動と勇気を与えてくれるアスリートとスポンサー・サポーターを繋ぐサイト【Find-FC】

アスリートレポートカテゴリの最新記事